くも膜下出血の前兆は頭痛と吐き気がひどかった!実体験を紹介!

20150706

20150706

くも膜下出血って前兆があるって聞いたけど、どんなのがあるのかな?

最近頭が痛いことが多いんだけど、これってくも膜下出血かな?と気になる方も多いとおもいます。

ちょっと病院に行くのが遅れると手遅れになってしまうこともあるので、前兆が少しでも現れたら病院で検査をしたいですよね。

今回は、私の母がくも膜下出血になる寸前に感じた前兆についてご紹介します。

スポンサードリンク


くも膜下出血の前兆は頭痛がひどかった!

私の母は元々頭痛もちだったので、頭痛薬をよく飲んでいたんですが、ある日とても頭が割れるように痛いと言い出したのでビックリして病院へ連れて行くことにしました。

かかりつけの病院へ行ったんですが、一応大きな総合病院でCTとった方が良いでしょうという話になり、紹介状を書いてもらい総合病院へ行くことになりました。

総合病院でCTをとったところ、くも膜下出血になる寸前だったということでとても驚きました。


くも膜下出血の前兆に吐き気もあった!

頭痛がしたり吐き気もしていたので偏頭痛かなと思っていたんですが、しっかり検査しておいて良かったと思いました。

梅雨の時期は特に気圧の変化もあり頭痛がしょっちゅうで、母は吐き気もすると言っていたんですがあまり気にせず過ごしていたんです。

スポンサードリンク

でも総合病院で検査したお陰でくも膜下出血の前兆ということもわかり、原因がわかったのでホッとしました。


くも膜下出血の治療は前兆のときは飲み薬だった!

かかりつけの病院では偏頭痛でしょうということで頭痛薬を長年処方されていたんですが、やはり総合病院など大きな病院でCTを撮ることも重要だなということを今回実感しました。

くも膜下出血になったら入院も長引きますし、何かと家族は大変になるのでやはり総合病院での検査は必要だと実感しましたね。

今回、くも膜下出血の前兆とのことで処方された薬を1日3回飲むことになり、定期的検診も必要とのことでこれはしっかり守っていこうと話しました。

やはり万が一、何か起きた場合には怖いですしその為にも日頃から健康的に過ごすことは重要ですし、検診を定期的に受けることは大事だなと実感しています。

総合病院から処方された薬を飲むようになってから母はだいぶ体調も改善されてきましたし、頭痛がしたり吐き気がするなど厳しい症状を感じることもなくいつも通り元気に過ごせるようになったので良かったです。

まとめ

今回は、私の母がくも膜下出血になる寸前だったときのお話から、前兆は頭痛、吐き気がある人もいるということをお伝えしました。

人によっては肩こりがひどくなったり、まぶたに違和感があったり、眠気があったりなどいろいろな症状があるようです。

少しでも気になることがあったら、面倒でも早めに病院で検査してもらってくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。