ニキビの場所で原因や意味は違うの?女性と男性の場合の違いは?

100308

100308

急にポツッとできてしまうニキビ。ほっといてたらいつの間にか治っているものや、何度も同じところにできてなかなか治りにくいものなど、ニキビにもいろいろありますね。

見えないところならまだしも、顔など人目につき易い場所にできてしまうと、その日の気分はガタ落ちです。

誰もが一度は経験するであろうニキビの悩み。

ここではニキビの原因や場所によっての違いなどをお話していきます。

スポンサードリンク

ニキビの場所で原因は違うの?

ニキビには10代の思春期にできる思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビがあります。思春期ニキビと大人ニキビとではできる場所や原因も異なります。

・思春期ニキビ
体が成長する過程で皮脂の分泌が過剰になることから起こるニキビです。皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が繁殖しやすくなります。
思春期ニキビは皮脂の分泌が多いTゾーンと呼ばれる額から鼻にかけてと頬あたりにできることが多いです。

・大人ニキビ
大人ニキビは、不規則な生活やストレス、ホルモンバランスの関係、化粧品による負担など
様々な原因で起こると言われてます。
思春期ニキビとは違い、顎やフェイスラインなどのUゾーンから首筋にかけてできる特徴があります。

ニキビのできる場所の意味は?

・生え際やおでこ
シャンプー、リンスのすすぎが不十分であったり、前髪の汚れが原因で起こります。十分なすすぎや前髪はあげるなどするとよいでしょう。

・鼻
ファンデーションや紫外線などでターンオーバーが乱れることでできます。また、鼻を手で触る癖がある場合も手の汚れからニキビができる原因になります。毛穴の汚れをきちんと洗い落とすこと、手で鼻を触らないように心がけましょう。

スポンサードリンク

・頬やフェイスライン
乾燥や冷え、ホルモンバランスの乱れでできやすくなります。十分な保湿を心がけるようにしましょう。また、頬杖をする癖のある場合も手の汚れによりニキビができやすくなるので、頬杖をつかないように心がけましょう。

・口まわりや顎
栄養バランスの偏りや暴飲暴食による胃腸機能の低下、寝不足などが主な原因です。
食生活を見直し、睡眠をしっかり取るようにしましょう。

・胸元や背中
汗をかきやすく、皮脂の分泌が多い場所でもあり毛穴が詰まりやすいです。またシャンプーやリンスの洗い残しも原因の一つなので、シャンプー、リンスをきれいに洗い落とすことはもちろん、髪の毛を洗った後に体を洗うなどの工夫をされるといいでしょう。

ニキビの場所ごとに原因は男の人の場合も違う?

ニキビには男性ホルモンが関係しており、特に思春期ニキビなどは男性ホルモンの影響が深くかかわってくるので、男性の場合、思春期を過ぎるとニキビに悩む方は女性ほど多くはありませんが、女性にも化粧などによる大人特有の原因があるように、男性にも特有の原因があります。

男性の場合は頬やフェイスライン、首筋に出やすい傾向があります。

なぜかというと、髭をそる場所がちょうどこの部分にあたるからです。カミソリの刃に付着している雑菌や髭剃りによる乾燥などが主な原因でニキビが出やすくなります。

この場合、カミソリの刃を清潔に保つこと、髭剃り後の十分な保湿により対処することができます。しかし、男性のニキビはそれだけが原因ではなく、女性と同じように、不規則な生活やストレス、食生活の偏りなどによっても引き起こされます。

十分な睡眠を心がけ、ストレスを溜めすぎないこと。またバランスの良い食事を心がけることも大切です。

ニキビの出来る場所ごとの原因まとめ

ニキビはできる場所によって原因も様々です。

ニキビの特徴を知っていると予防もしやすくなりますし、ニキビができてしまったとしても、的確な対処法でニキビを長引かせることを防ぐことができます。

今現在ニキビができている場合は、思い当たる原因を少しずつ改善していくのもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。