うちの子供、腋臭かも!治療・対策まとめ!病院は何科?手術費用は?

子供 腋臭

shock_woman

腋臭は大人も悩みますが、子供の場合は学校などでトラブルに発展する可能性があり、親子で悩むケースも多いですよね。また、子供が腋臭に悩む時期は第二次性徴期で体質が変化する時期もあり、本当に腋臭なのか迷うこともあります。そんな子供の腋臭治療法や対策をまとめ、診てもらう病院や手術について紹介します。

スポンサードリンク

子供の腋臭の治療は何歳から?いつから耳垢などで判断できる?

腋臭の原因は「アポクリン汗腺」という汗腺から出るミネラル分が多い汗です。ミネラルが多い汗と皮脂が混ざり、細菌が繁殖すると臭いや衣服の黄ばみが発生します。こうした現象が「腋臭の症状」としてよく知られていますね。

人の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、ミネラル分が少なく水分が多い汗を出すエクリン汗腺がほとんどです。

脇・乳首・臍・生殖器周辺など限られた場所にだけ存在するアポクリン汗腺は、赤ちゃんの頃は休眠状態で機能していません。

小学校高学年以降、生殖器系の機能がめまぐるしく発達し、性成熟に向けて体が大きな変貌を遂げる第二次性徴期になるとアポクリン汗腺も休眠から覚めて活動を開始し、増加します。

第二次性徴期は女子なら10歳前後、男子なら12歳くらいから始まります。個人差がありますが、月経が始まったり、声変わりしたり、体毛が濃くなったり、身長が一気に伸びるといった体の変化が現れる時期ですね。

治療を考えるなら、第二次性徴期を迎えてアポクリン汗腺が完成した後、早くても中学生になってからになりますね。もちろん、子供だけで治療を受けることができませんから、保護者も一緒に病院で治療を依頼することになります。

腋臭かどうか、というのはアポクリン汗腺の数や活動の頻度が影響します。これは遺伝する、と言われていて親が腋臭なら子供もその可能性がある、と考えていいでしょう。

また、アポクリン汗腺に関する遺伝情報は耳にも影響を及ぼすと言われています。このため、耳垢を診れば腋臭体質かどうか、わかります。

・耳垢が湿っている
・足などの臭いが強い
・衣服の黄ばみが気になる
・親が腋臭

こうした特徴が複数ある場合は、腋臭である可能性がある、と言われています。もし、第二次性徴期(思春期)を迎えて臭いや衣服の黄ばみが気になるようであれば、腋臭を疑ってみるといいでしょう。

そして、治療を考えるなら第二次性徴期を迎えた後、男女ともに大体、中学生以降を検討するといいですよ。

子供の腋臭の対策まとめ!食事・ミョウバン・薬など

腋臭に限らず、体臭が強いと集団生活を送る上でデリケートな問題に発展したり、本人の心の健康に響きますよね。

完全に無臭化することは難しくても、継続すれば効果が期待できる対策もあります。子供の腋臭・体臭トラブルは家族みんなで日常的にできることからケアしたいですね。

【バランスのとれた食事】

一般的に、日本人より欧米人の方が腋臭や体臭が強い傾向があります。これには食生活(肉食・乳製品といった食文化)が関係していると考えられています。

日本も食生活が欧米化し、魚よりも肉や乳製品を多く取るようになりました。もちろん、良質なタンパク質や脂質、ミネラルを摂取するのに肉や乳製品は大切です。

しかし、肉ばかり、ダイエットのために乳製品(ヨーグルト類)だけ、といった偏った食生活を続けると腸内環境が乱れてきます。そうなると新陳代謝や免疫力にも影響が出てくることになり、腋臭だけでなく息の臭いや体臭にも影響が出てきます。

腸内環境を整えるために食物繊維・水分をバランスよくとるようにしましょう。乳酸菌も積極的に摂りたいですね。

・ミネラル分豊富で食物繊維も多く含む海藻類
・ビタミン類も豊富でコレステロール値をコントロールしてくれる生でも食べやすいトマト
・疲労回復などにも効果が期待できるクエン酸を多く含む梅干し
・腸内細菌を増やすオリゴ糖を豊富に含んだタマネギ、キャベツ、大豆、アスパラガス
・水溶性食物繊維が豊富なゴボウ、ニンジン、納豆、サツマイモ

こうした食材を積極的に摂りたいのですが、改めて見てみると和食がお勧めのように感じませんか? 朝食を和食にしてみる、曜日を決めて夕食を和食にする、みそ汁を食事に積極的に取り入れるなど、工夫をして食事の内容を変えてみましょう。

なお、農林水産省のHPに「食事バランスガイド」が掲載されており、どんなものをどれくらい食べるといいのか目安が解ります。参考にするといいですよ。

【ミョウバンの制汗効果を活用する】

市販の制汗剤を活用するのが簡単ですが、皮膚が弱くて荒れやすい、もっと安価に制汗効果が得られるものを利用したい。そんな人には「ミョウバンスプレー」がお勧めです。

(1)ペットボトルに水1.5Lを入れ、そこに焼きミョウバン50gを入れる
(2)焼きミョウバンが完全に溶けるまで2~3日くらい放置する(原液の完成)
(3)(2)の原液を20~50倍に薄めてスプレー容器に入れ、利用する

スポンサードリンク

必ず薄めて使用しましょう。原液のまま利用すると皮膚トラブルの原因となります。濃度は好み・感じられる効果によって調整するといいですよ。

ただし、焼きミョウバンは水と反応して発熱します。必ず「大量の水に焼きミョウバンを入れる」という手順でミョウバン水を作りましょう。こうすれば、焼きミョウバンと水が反応して発熱しても、大量の水によって熱が冷まされ安全です。

また、余った焼きミョウバンは湿気対策・水濡れ対策を万全にしましょう。水が触れると直ぐに反応して発熱するので、小さな子供、ペットがいる家庭では特に注意が必要です。

子供が腋臭なら病院は何科にいくの?皮膚科?

子供が腋臭の場合、まず、病院で診察を受けて症状を確認してもらいましょう。本人や保護者が臭いに敏感で、単なる汗の臭いを「腋臭」と勘違いしているケースもあります。

第二次性徴期になれば、新陳代謝や発汗など、体の機能が発達し、変化し、活発になります。このため、体臭や汗の臭いなどが強くなるのは自然なことです。特に中学生になれば部活などで運動するようになりますよね。この後、臭いが強くなるのは当然といえます。

腋臭なのか、単なる生理現象なのか、しっかり病院で判断してもらい、対策を考えるようにしましょう。

病院としては「皮膚科」「形成外科」「美容外科」などで治療を受けられます。「多汗症・腋臭」を専門的に取り扱う病院もあります。

軽度な腋臭であれば手術などはせず、制汗剤や食事療法などで臭いを抑える傾向があります。重度の場合は手術や他の方法で治療を行います。

どちらかと言えば形成外科・美容外科の方が治療方法の選択肢が多い傾向があります。

まず、かかりつけの皮膚科で診てもらい、腋臭と診断されたら根本的な治療を考え「多汗症・腋臭治療」を専門にしている病院で相談するといいでしょう。子供を専門とする病院で、手術など治療前にカウンセリングを受けられるところが理想ですね。

子供の腋臭、手術の費用は保険適用になるの?

腋臭の治療には次のような方法があります。

・食事の内容を改善する
・精神面のケア
・制汗剤の利用

まず、こうした手術以外の方法で改善を目指しましょう。そして改善されない、重度の腋臭の場合は次のような方法から治療法を選びましょう。

・ボツリヌス製剤の注射(ボトックス:自費)

ボツリヌストキシン製剤を皮下に注射する方法です。注射をする場所を選ばず、入院・安静なども不要なので手軽に行える方法です。半年前後の効果が期待できますが、費用は1度10万円前後になります。軽度の腋臭の人向けで、重度の腋臭には効果が期待できません。

・皮膚切開(保険適用)

脇の下の毛が生えた部分の皮膚を除去する古い方法です。傷痕が大きめで、引き攣ったような傷痕が残りやすく、取り残しがあると再手術が必要です。保険がきき、3万円程度ですが今はほとんど行われていない手術です。

・剪除法(皮弁法:保険適用)

脇を3~4cm切開し、医師が目で見ながらハサミを使って汗腺を除去します。効果は医師の腕次第。慣れていない医師が施術すると残ったアポクリン汗腺が再度、活動を始めて腋臭が再発します。

術後、しっかり固定して安静にする必要があり、術後しばらく通院が必要で2週間ほどは安静に過ごす必要があります。腕・肩を自由に動かせるようになるまで約1か月掛かりますが、費用は保険が適用され3~5万円くらいです。

・クアドラカット法(自費)

剪除法と同じくアポクリン汗腺を除去する手術ですが、カミソリ付き掃除機のような道具で施術します。剪除法の半分ほどの期間で、腕や肩を自由に動かせるようになります。また、傷跡も剪除法より小さくて済みます。自費診療になり、病院によりますが40万円前後の費用が掛かります。

・ミラドライ(自費)

電磁波を皮膚に当ててアポクリン汗腺を破壊する方法です。切開しないので傷痕が残らず、短時間で終わり、体に負担が少ない方法です。費用は40~50万円程度です。

・超音波治療(自費)

皮膚を数センチカットした後、アポクリン汗腺を含めた皮下組織を超音波の熱で焼いてしまう方法です。剪除法と同じような方法で、超音波メスを使ってアポクリン汗腺を取り除きます。この方法は脇毛を残すことができます。費用は40~50万円程度になります。

腋臭の治療法は数多くあり、切開しない・麻酔や通院不要といった体の負担が小さい方法がありますが自費となるとなかなか金額が大きくなりますね。

一方、保険適用の手術は麻酔リスク、術後の経過観察、動きの制約などがあり、子供に受けさせるとなると夏休みなど、長期間の休みが必要となります。親子で熟考して方法を検討したいですね。

まとめ

子供の腋臭は集団生活を送る上で深刻な問題に発展したり、子供自身が誰にも相談できずに一人で思い悩むケースがあります。治療方法は数多くあり、費用・術後の傷・治療期間・切開の有無など、いろいろなメリット・デメリットを考えて選ぶようにしましょう。信頼できる医師と出会い、満足できる結果を得られるといいですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。