これって突発性発疹の症状?軽いから風邪?見分けるポイントまとめ

突発性発疹 症状

baby-1178539_640

半年から1歳の頃に急な高熱が出て、その後に全身に発疹が出るのが突発性発疹です。

それまで風邪ひとつ引かず元気だった赤ちゃんの初めての経験が、突発性発疹ということもよくあります。

お母さんたちの中でも突発性発疹はよくある病気として知られているため、高熱イコール突発性発疹と思ってしまいます。

ですが実際熱だけでは判断は難しいものです。

突発性発疹なのか、単なる風邪なのか、見分けるポイントについて調べてみました。

スポンサードリンク

突発性発疹の症状で軽いケースの子もいるの?

突発性発疹で一番分かりやすい症状は、まず高熱です。

38℃から40℃近い熱が出てその後3,4日続くことが多いです。

熱は何日も高いままのことが多いです。

ただ、中には症状が軽く1日のうちに37℃程度まで熱が下がる子供もいます。

こうなると一時的に熱が上がっただけで、風邪だったのかなとも思ってしまいますよね。

中には目立った症状が出ないせいで、突発性発疹だと気付かないまま治癒してしまうこともあるようですね。

ウイルスはもらったものの、発症しないこともあります。

我が家も実は1人目に典型的な突発性発疹を経験した後、2人目・3人目は思い出してもそれらしい症状が出ませんでした。

1歳頃に熱が出たことはあるのですが、数日続くわけでもなくすぐに熱が引いて、その後発疹もほとんど出ませんでした。

このようなはっきりとした症状の出ない、不顕性感染と呼ばれるものも全体の2〜4割に起こることのようです。

突発性発疹だからと言っても、かかった子供全員に高熱が出て全身に発疹が出るとは限らないんですね。

突発性発疹の症状の経過ってどんな感じ?

突発性発疹は普通の風邪によくある咳や鼻水などの症状はあまり強くは出ません。

まず急に高熱が出ますので、季節によると「インフルエンザかも?」と心配して病院で検査したら陰性ということもあります。

高熱が出ているけれどインフルエンザの流行する時期じゃなくて、咳や鼻水などの症状がないのなら突発性発疹の可能性は高いですね。

それから3,4日高熱が続きますが、熱が高いだけでそれ以外の目立った症状はあまりありません。

この時点で病院に行っても突発性発疹のウイルスに対する薬はありませんので、解熱剤を処方されるくらいです。

解熱剤を使っても一時的に熱が下がるだけで、数日間は熱が出続けます。

熱があまり高くなりすぎると、熱性けいれんを起こすこともあります。

夜中にこういう症状が出ると本当にまいってしまいますので、寝る時間に合わせて解熱剤を使うと親子ともゆっくり休めますよ。

熱が出ていると体内の水分も不足してしまいますので、いつもよりこまめに水分補給させてあげてくださいね。

スポンサードリンク

熱がようやく下がった後には、発疹が出ます。

発疹は出始めたと思ったらあっという間に全身に広がって、3,4日経つと少しずつ消えていきます。

発疹が出てやっとこの時点で病院では「突発性発疹ですね」と確定します。

ここまではひょっとしたら突発性かも?程度にしか分からないようです。

熱が出始めて発疹が収まるまで、だいたい一週間くらいです。

突発性の発疹は全身くまなく小さなぷつぷつとした発疹が出来ます。

見た目に痛々しくかわいそうに思いますが、かゆみなどもないので本人は案外ケロッとしていますよ。

これは突発性発疹の症状?咳や下痢、鼻水など風邪と似ている時の見分け方

高熱だけではなく風邪のような症状がある場合には、突発性発疹かどうか分かり辛いですね。

1歳前後で高熱が出た場合突発性発疹の可能性は高いのですが、他のウイルスや菌などが原因で高熱が出ているということも勿論あります。

初めて高熱が出たから突発性発疹かもと思い込んでしまうことも危ないです。

突発性発疹かと思って病院に行ったら尿道炎で高熱が出ていたというようなこともあります。

こういう病気は、ほっておくと重症化してしまうので気をつけたいです。

勝手な思い込みより、病院に行くことは大事だなって思いますね。

風邪のような症状が出ている時に、簡単にチェックできるポイントがあります。

突発性発疹の場合は、喉に永山斑と呼ばれる赤い発疹が出来るのが特徴的なんです。

子供の口を開けて「あー」と声を出させると、舌や喉の発疹があるか自宅でも確認できますよ。

同時に下痢をすることも多いようですね。

また他の見分け方ですが、突発性発疹の時は熱が高い割りには元気に見えます。

普通の熱を伴う風邪の場合、大抵の子供は具合が悪いせいで機嫌が悪くなりますよね。

突発性発疹の場合は、高熱が続くわりに他の症状が少なく機嫌もそれ程悪くないことが多いです。

普段から子供に接している親なら、いつもの風邪の時と様子が一緒かどうかでも判断がつきそうですね。

病院に行って診察を受けても、発疹が出るまでは医師でも見分けがつかないこともあるようです。

はっきりとした症状が見られない時には、解熱剤とその症状に合わせた薬を処方されます。

突発性発疹には特効薬がないんだからと病院に行かなければ悪化させてしまうこともあります。

風邪の症状があっても高熱が1日以上続くのなら、他の病気の疑いもありますから早めに受診することをオススメします。

まとめ

突発性発疹の典型的な症状は、急な高熱が3〜4日続くことです。

風邪のような症状はあまりはっきりとは現れません。

その後発疹が出て終るのですが、高熱が続かない、発疹があまり現れないという場合もあります。

風邪との分かりやすい見分け方は、喉の奥に赤い発疹が出ているかどうかを確認することです。

症状が軽く風邪のような症状だとしても、なかなか解熱しない時には他の病気の可能性もあることを忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。