クラミジアの症状で女性にはかゆみはあるの?膀胱炎や出血もある?

085901

085901

クラミジアは、最もポピュラーな性病であり、患者数は近年急増していると言われています。

ですが、クラミジアにかかって自覚症状がある人は、女性では二割程度とも言われており、「クラミジアかも・・・?」と思って来院する人はほとんどいないようです。

私自身もクラミジアにかかりましたが、膀胱炎で来院したらたまたま見つかっただけで、まったく自覚はしていませんでした。

そこで今回は、クラミジアになるとどんなかゆみがあるのか、また膀胱炎や不正出血との関連性についてまとめてみました。

スポンサードリンク

クラミジアの症状で女性にはかゆみはあるの?

クラミジアは、多くは性交渉によりクラミジア菌に感染して起こる性病で、避妊のためのゴムをしない性行為などをしたら誰でも感染しうる、身近な性病です。

進行しないとほとんど無自覚なのも、クラミジアの怖いところですが、私も、クラミジア菌が尿道にまで広がり、膀胱炎を引き起こすまで、全く気が付きませんでした。

その時は、膀胱炎特有の、排尿時の痛痒さのようなものがあったので来院したのですが、調べてみたところ、クラミジアの初期症状として、外陰部のかゆみがある人もいるようです。

クラミジアになると、おりものが多くなるので、外陰部が炎症を起こしてかゆみを引き起こすのだそうです。

こういった初期症状で、いち早く気づけるといいですよね!

クラミジアの症状で女性だと膀胱炎になりやすい?

クラミジアになり、しばらく放置していると、クラミジア菌は膣から子宮、卵管、また尿道などにも進行していくので、そのまま膀胱炎になる女性は多いと、お医者さんに教わりました。

スポンサードリンク

特に、クラミジア菌が胎児にまで進行すると、胎児が肺炎になってしまうリスクが発生しますし、又膀胱炎になってしまっても、漢方薬くらいしか飲めず、妊婦さんもつらいので、妊娠中はクラミジアにならないように気を付けたいですね!

私は、妊娠中このような配慮をせず、ゴムなしで性行為をしており、内診ではよく、「おりものの状態があまりよくないね」と言われていたので、今になってとても反省しています。

クラミジアの症状で女性には出血もある?

クラミジアにかかると、クラミジア卵管炎を引き起こし、不正出血が起こることがあるそうです。

「性病で出血・・・、これってかなり進行しているのかな?」と不安になるかもしれませんが、クラミジアは抗生剤をちゃんと服用すれば治る病気です!

大切なのは、クラミジアでなくとも「不正出血」があれば、必ずお医者さんに行くこと。

クラミジアを放置しないこと(エイズや淋病になるリスクが高まります)。

そして、治っても、移し合いにならないように、パートナーと一緒に治療すること。

これらを知識として覚えておいてもらえたら嬉しいです。

※膀胱炎に関してこちらの記事もおすすめです!
膀胱炎の症状がある女性は下腹部痛のどんな痛みやかゆみがある?

クラミジアの症状まとめ

クラミジアによるかゆみには、おりものの増加による外陰部のかゆみや、膀胱炎の併発による排尿時のかゆみがあります。

不正出血があれば必ず受診し、クラミジアと診断されたら、お医者さんの言う通り、治るまで正しく行動しましょう!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。