猫の目からでた涙が赤い・茶色い・目が開かない・目やにが出るときどうする?

猫の目 涙

猫の目 涙

飼っている猫ちゃんの目から涙が出ていたら、「え、どうしたの?なにか悲しい事でもあったの?」とびっくりしてしまうかもしれません。

伏し目がちに涙を流す様子は、確かに何か悲しんでいるようにも見えますが、猫は通常、涙を流すことはありません。

目やにが出るのは普通ですが、もし涙が出ていたら、それは何かの病気のサイン。

そこで今回は、猫の目から出た涙が赤い・茶色い・目が開かない・目やにが出る時はどうすればよいかまとめてみました。

スポンサードリンク

猫の目からでた涙が赤いときや茶色いときはどうしたらいい?

猫の目から涙が出ていても、「透明の涙だから大丈夫」「目にゴミでも入ったのだろう」と放置している飼い主さんは要注意!

そもそも、涙を流すこと自体が異常ですし、透明の涙に見えていても、ティッシュで拭き取った涙をよく見てみてください。

若干茶色か赤みがかっていたら、結膜炎に感染しているかもしれません。

結膜炎というと、膿のような目やにが出る、と思っている飼い主さんも多いですが、涙も出ますし、膿が変色したら茶色や赤っぽくなるんです。

うちも子も、「涙がたまに出ているけれど、膿んでいる様子もないし、ゴミでも入ったかな」くらいに思っていたら、結膜炎と診断されました。

猫の目から涙がでて目が開かないのはなぜ?どうしたらいい?

猫の目から涙が出て目が開かないのは、涙が出た状態でどのまま眠ってしまい、乾燥して瞼がぴったりくっついてしまったのだと思われます。

人間でも、花粉症などで目やにがひどいときに眠ると、朝目が開きにくかったりしますよね。

しかし、猫の場合、涙が出るというのは異常なことなので、そうなっていたら、そのままの状態で病院に連れていき、獣医さんにきれいにしてもらって、診断に応じて点眼薬などを処方してもらいましょう。

スポンサードリンク

すぐには病院に行けない、というときは、綿棒を湿らせて、目を優しく拭き、また新しい綿棒を湿らせて拭き・・・、を繰り返して、雑菌を広げないように処置してあげましょう。

猫の目から涙と目やにでているのは病院にいったほうがいいの?

猫の目から涙が出ているときは、必ず病院に行きますが、目やにはとても自然なことなので、特定のケースを除けば病院には行きません。

特定のケースというのは、目やにが膿んだような色をしていたり、目や瞼が赤かったり腫れたりしている時などです。

こういった場合は、結膜炎になっていたり、角膜が傷ついて角膜炎になっている可能性が高いので、必ず病院に行ってあげてくださいね。

また、透明の涙でも、放置していると、慢性的に涙が流れていることで目の周りが荒れてしまい、「流涙症」という皮膚炎に発展することがあります。

猫も人間と同じように、「早期発見」がカナメですよ!

※猫の目の病気に関してこちらの記事もおすすめです!
猫の目の瞳孔の病気ってどんな症状?なぜ細くなる?左右の大きさが違うのはなぜ?
猫の目に膜ができた!透明や白色は病気なの?赤いのや茶色なのは大丈夫?
猫の目が腫れてるし腫れぼったい!目やにや膿がでているときは薬?それとも病院?
猫の目が光るのはなぜ?病気のときもある?色の変化ってみんなの猫はどう?

猫が涙を流したら病院へ!

猫が涙を流すのは、目に異常がある証拠なので、早めに病院を受診しましょう。

目やにが出ている場合も、膿んでいるような様子があったり、目や瞼が赤かったり腫れているときは注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。